ふじもん

基礎知識

【step2】現在の塗装の状態の確認

1液塗料 (ラッカー塗料) は、耐候性 が低く、シンナーやガソリン、紫外線などにも弱いので、塗装してから長い時間が経過していると、塗装が劣化している可能性が高いです。劣化した塗装の上に新たな塗装を行うと、問題が起きることが多いです。
基礎知識

【step5】サフェーサー (プラサフ) の役割と使い方を詳しく解説!

プラサフには、1液 (ラッカー) の物もあれば2液 (ウレタン) の物もあり、上塗り塗装前の足付け研磨不要の「ノンサンディングサフェーサー」なども存在します。 色もグレーや白のプラサフだけではなく、様々な色のプラサフが存在するのでうまく使い分ける必要があります。
未分類

車の一括査定サイトならMOTA車買取がオススメ!

MOTA車買取は他社の一括査定サイトとは違い、複数の買取店からのしつこい電話がかかってくることはありません。最大20社の買取店があなたの入力した査定申し込みの情報をもとに車を査定し、翌日の18時以降にMOTAのマイページで、査定を行ったすべての買取店の査定結果を確認し、査定額上位3社のみと電話でやり取りします。
磨き作業

塗装後の磨き作業が楽になる‼バフの清掃には「パルスエアーガン」がオススメ‼

パルスエアーガンは、通常のエアーダスターガンとは違い、先端のコーン (画像の白いラッパ部分) の中に細いチューブがあり、エアーはチューブの先端から噴出されます。エアーを噴出すると同時にコーンの中でチューブが回転し、叩きつけるようなエアーを噴出することが出来ます。
磨き作業

塗装後の磨き作業で色剥げが怖い人は、手磨きバフがオススメ‼

ポリッシャーを使用して角やプレスラインの磨きを行うと、色剥げする確率がとても高いです。 バフの回転方向を考えて磨きを行えば色剥げする確率を減らす事は出来ますが、慣れと経験が必要になります。 「ポリッシャーを使ったことが無い」「ポリッシャーで角を磨くのが怖い」「磨き作業で失敗したくない」という方にオススメなのが、手磨きバフです。
塗装作業例

バイクの燃料タンクの再塗装のやり方を詳しく解説します‼

今回は、約20年前の塗装状態の悪いバイクの燃料タンクの再塗装のやり方を紹介していこうと思います。再塗装の下準備を行う前に、塗装を行う部品の塗装の劣化状況や1液塗料が使用されているのか、2液塗料が使用されているのかの確認をする必要があります。
塗装作業例

塗装済み樹脂パーツの再塗装のやり方を詳しく解説します!

同じ樹脂パーツでも塗装済みの樹脂パーツと未塗装の樹脂パーツは、塗装前の下準備が少し違います。 今回は、塗装済みの樹脂パーツを再塗装するやり方を詳しく解説していこうと思います。 実際の作業を用いて解説するので、画像と動画が多めになっています
磨き作業

クリア塗装の磨き方と磨きに必要なものを詳しく解説!

「塗装が完全に乾燥(硬化)した後は、必ず磨きを行った方がいいのか?」と疑問に思ったことはありませんか?結論から言うと、塗装の出来が良く、磨きを行わなくてもいいと判断した場合は、磨きを行わなくても良いです。
基礎知識

塗装のプロが教える!塗装前のホコリ除去には「タッククロス」がオススメ!

自動車塗装のプロは、塗装前に必ず「タッククロス」というものを使って塗装面のホコリを綺麗に除去してから塗装を行います。タッククロスとは、不乾性のワニスを染み込ませたガーゼ状の布のことです。ワニスによって布の表面が少しベタベタしているので、ゴミやホコリなどを綺麗に絡め取ってくれます。
基礎知識

【step4】塗装前に使用する脱脂剤の役割と使い方を詳しく解説!

塗装面の汚れや油分を綺麗に除去せず塗装やパテ作業に進むと、「密着不良」や「ハジキ」、「ブリスター」などの問題が発生する可能性が高くなるので、「シリコンオフ」や「ワックスオフ」を使ってしっかり水拭きと脱脂を行う必要があります。
タイトルとURLをコピーしました