クリア塗装の磨き方と磨きに必要なものを詳しく解説!

磨き作業

塗装後の磨きとは、塗装を行った箇所の塗膜表面の不具合(ブツや垂れなど)の修正と、塗り肌の調整を行う仕上げ作業の事です。

「塗装後は磨き作業を行う」ということを知っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、実際どのように作業を進めていくのか理解している方は少ないと思います。

今回の記事では「磨きってどういう作業なんだろう?」「磨きにはどんな道具が必要なんだろう?」など、塗装後の磨きの基礎内容を詳しく解説しているので、気になる方は是非最後まで読んでみてください‼

ふじもん
ふじもん

何も知らないまま磨き作業を行うより、知識を身につけてから磨き作業を行う方が失敗が減ると思います‼

スポンサーリンク

塗装後の磨きに必要なもの

塗装後の磨きに必要なもの
  • コンパウンド
  • ポリッシャー、バフ
  • ペーパー類

コンパウンド

コンパウンドの画像

コンパウンドとは、車のボディの小傷を消す時に使用する研磨粒子の含まれた磨き剤の事です。

コンパウンドに含まれる研磨粒子の大きさによって、粗目、中目、細目などに分類されます。

👇 コンパウンドの解説👇

コンパウンドの解説

粗目のコンパウンドは研磨力が高いので小傷程度なら消すことが出来ますが、コンパウンドに含まれる研磨粒子が大きいので、細かい磨き傷が入ってしまいます。

粗目のコンパウンドを使用する場合は、粗目 → 中目 → 細目 のように徐々に傷を細かくしていく必要があります‼

ポリッシャー、バフ

ポリッシャーとバフの画像

ポリッシャーとは、バフを取り付けて回転させ、塗装面を研磨する工具です。
バフには、タオルバフ、ウールバフ、スポンジバフなどの種類があり、粗磨きにはタオルバフ、ウールバフを使用し、仕上げにはスポンジバフを使用します。

👇 バフの解説 👇

バフの解説
バフ目の画像

バフ目とは、バフが回転した時に発生する円状の傷の事で、使用するコンパウンドやバフの種類によって、バフ目の出やすさが変わります。

スポンジバフには、中目、細目のように番手があります。
バフもコンパウンドと同じように、ウールバフ → スポンジバフ(中目) → スポンジバフ(細目) のように徐々に目を細かくしていきます。

※タオルバフはあまり使わないので、ウールバフからスタートでOKです。

ペーパー類

左側がブツ取りペーパー、右側が塗り肌を調整する研磨ペーパー

塗装後の磨きには、ブツ取り、肌調整、タレ磨きの3つがありますが、作業内容によって使用するペーパーの番手が変わります。

使用するペーパーの番手
  • ブツ取り ➡ 2000番~5000番
  • 肌調整 ➡ 2000番~5000番
  • タレ磨き ➡ 600番~5000番

👇 初心者の方でも挑戦しやすい未塗装樹脂パーツの塗装のやり方 👇

塗装後の磨きはなぜ行うのか?

磨きを行う理由
  • 塗装中に付着したブツ(ゴミ)取り
  • 塗り肌の調整
  • 塗装の垂れ修正

磨きを行う理由には、上記の3つがあります。

何の問題もなく綺麗に塗装出来た場合は、磨き作業を行う必要はありません‼

ブツ(ゴミ)取り

ブツの画像

ブツ取り作業というのは、塗装中に付着したゴミを塗装後に研磨、磨きを行って除去することです。

👇 ブツ取り作業をイラストで説明 👇

ブツ取りのイラスト

ブツ取り作業を行っても、塗装の中のゴミが除去されるわけではありません。
ゴミが入ったことで盛り上がった塗装を
研磨し、周辺の高さと合わせるだけです。

塗装中に付着するゴミには、透明なゴミもあれば黒色のゴミもあります。
白色の塗装の上に黒色のゴミが付着し、その上にクリア塗装を行うと、黒色のゴミをクリア塗装でコーティングしてしまうので二度と除去出来なくなってしまいます。

白色、シルバーなどの上にクリア塗装をする時は、極力ゴミが付着しないように気をつけましょう‼

塗り肌調整

塗装の塗り肌

塗装の表面を下から覗き込んで見ると、小さく波打っているのが分かります。
これを塗装の塗り肌といいます。

塗装が薄いと塗り肌は小さく、塗装が濃いと塗り肌が大きくなり、塗装が垂れる寸前は塗装肌が無くなります。

👇 塗り肌の違いをイラストで解説 👇

塗り肌の解説

塗装後の塗り肌調整は、均一に塗装出来なかった場合のみ行います。

👇 塗装後の塗り肌調整をイラストで解説 👇

塗装の垂れ修正

塗装は塗り込みすぎると垂れてしまいますが、「垂れた = 失敗」ではありません‼
修復できる範囲の垂れなのかどうかを見極めることが大切です。

👇 垂れの画像 2枚 👇

クリア塗装の垂れ 1
クリア塗装の垂れ 2

1枚目の画像は、修復出来る範囲の垂れです。
2枚目の画像は、修復が困難なので再塗装となります。

👇 塗装の垂れ修正のやり方をイラストで解説 👇

塗装の垂れ修正のやり方
垂れ修正のやり方
  1. 垂れた部分のみを耐水ペーパーで研磨し、周辺の塗装と高さを合わせる。
  2. 色剥げすることもなく周辺の塗装と高さが合ったら、コンパウンドで磨いて仕上げる。

垂れた部分の周辺の塗装は、通常の膜厚しかありません。

上記のようなやり方で垂れを修正しますが、垂れた部分のみを耐水ペーパーで研磨しているつもりが、周辺の塗装まで研磨してしまい、色剥げしてしまうという失敗が起きてしまいます。

垂れが酷い場合は、垂れた部分を研磨する回数が増えるので、失敗するリスクも高くなります。
あまりにも酷い垂れは、修正ではなく再塗装という選択をした方が良いと思います‼

まとめ

塗装後の磨きはとても難しい作業です。

ペーパーの番手選択、コンパウンドの選択、ポリッシャーの使い方、バフの選択、全て考えながら作業しないといけません。

初めて磨き作業に挑戦する方は、必ず少し勉強してください。
今回まとめた内容を軽く読んでおくだけでも構いません。

「綺麗に塗装出来たのに、磨き作業で失敗して塗り直し」というようなことにならないように、慎重に作業するようにしましょう‼

👇 塗装に興味がある方は【step1】から順に読んでみてください 👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました